サーフィン大好き女子にオススメの日焼け止め3選【落ちにくい塗り方も解説!】

sea fashion beach sand surf
Photo by Pixabay on Pexels.com

女子でもサーフィンしたい!けど将来シワシワでシミだらけの顔になりたくない!

とはいえ、

海に入ってもすぐに落ちない日焼け止めって?

汗で落ちないのって?

普通に塗ればいいんだよね?

効果が長持ちする日焼け止めって?

サーフィンの魅力にハマっていざやりはじめたものの、炎天下の日に海に向かうと心によぎる不安感。

サーフィン歴7年のYUが効果を実感してリピートしている日焼け止めと、塗り方のポイントを紹介します!個人差はありますが、クリームの種類によっては肌荒れしてしまうYUが使用して問題がなかったものなので試してみる価値はアリです!

オススメ日焼け止め3選

PEACE WAVE ピースウェーブ

 

サーファーのために作られた日本製の日焼け止め。ローションタイプとスティックタイプがありますが、YUのオススメは液体タイプの【UVプロテクトローション/クリア】

ローションタイプですが、サラサラしすぎず、しっかり塗れていることを実感できる使い心地です。かつそんなにベタつきません。

日焼け止めの香りはしますが気にならないレベルの優秀品です!

Vertra バートラ

 

サンゴを守るため、成分にこだわって作られています。

Yuのオススメは色が付かないスティックタイプの【Vertra FaceStick Translucent】

しっかり塗れて少々すれた程度では落ちません。もし難点があるとしたらあまり伸びないので、きれいに塗りづらいです。なのでベースは液体タイプを使用して特に日焼けしやすいところ(鼻筋・頬・おでこなど)のみに使用すると効果抜群です!また水ではなかなか落としにくいので、海から上がったあとは化粧落としシートなどの使用が必要です。

sunbum

 

カリフォルニアから生まれた日焼け止めで、こちらもローションタイプとスティックタイプがあります。YUのオススメは【Original SPF50 Sunscreen Lotion】。トロトロと言うよりドロドロに近いしっかりしたテクスチャーです。ココナッツの香りですが、少しキツめなので苦手な人もいるかもしれません。237mlの容量がありたっぷり使えるのでYUはボディメインで使用していました。(顔にも使用できます)

カリフォルニアだけでなく常夏のハワイや、日本より紫外線が強いオーストラリアでよく見かけた人気ブランドです。

塗り方一つで効果の持ちが変わる!

woman seated on textile applying suncsreen
Photo by RF._.studio on Pexels.com

日焼け止めの種類も大切ですが、塗り方はさらに重要になります!

すぐに脂ギッシュになって日焼け止めが落ちてしまい、目に入ってしみたり、肌荒れを起こして悩んでいたYUがたどり着いた方法を伝授します。これで全ての悩みが解決しました!

まず日焼け止めは海に入る15~20分前に塗りましょう。ギリギリに塗ってしまうと落ちやすくなる原因にもなります。

  • 1、洗顔
    • 余計な皮脂や汚れを落とします。
  • 2、化粧水・乳液
    •  しっかり保湿をします。
  • 3、ティッシュで顔の油分をとる
    •  ティッシュを顔の上に乗せてパックをするように押さえます。すると顔にしっかりティッシュがくっつくかと思うので2・3回手で軽く押し当てたら剥がします。鼻周りや目の周りはしっかり押さえましょう。
  • 4、日焼け止めを塗る
    •  顔全体に日焼け止めを塗って行きます。塗り残しがないように塗りましょう。
  • 5、数分おく
    •  顔に馴染ませます。
  • 6、もう一度ティッシュで顔を抑える
    •  顔に油が浮いてくるかと思うので、もう一度ティッシュで擦らずに押さえて取ります。
  • 7、もう一度日焼け止めを塗る
    •  さらに日焼け止めを塗って完成です!

時間がない時や、洗面台が近くにない時は、ティッシュでしっかり皮脂をとってから塗るだけでも全然持ちが変わりますよ!

プラスαの日焼け防止術

さらに日焼けしたくないと言う人にオススメの方法を紹介します。

帽子をかぶる

 

動きにくい・邪魔なイメージが強く、なかなか初めの頃は手を出していなかったのですが、使用してみたらものすごく感激しました!!炎天下の日には必需品です!多少動きにくい不利な点もありますが、それよりも何よりも【日焼けによる疲れ】がになりました!サーフィン後のダルさが全然違うんです!!しかも上記の日焼け止めと合わせればほとんど日焼けしません⭐︎

大きな波の日はビキニのストラップ部分と結べば落ちて無くなる心配もありません。

ウォータープルーフのファンデーションを塗る

 

日焼け止めを塗った後にさらに上からファンデーションを塗るとカバー力が増して日焼けしにくくなります。何度か試しましたが、夏以外はウエットを脱ぐときに付いてしまうので気になる方にはオススメしません。

まとめ

以上、オススメ日焼け止めとその使用方法についての紹介でした。

オススメ日焼け止め3選

  • PEACE WAVE ピースウェーブ
  • Vertra バートラ
  • sunbum

塗り方

  • 海に入る15~20分前に塗る
  • 洗顔化粧水・乳液ティッシュで皮脂除去日焼け止めティッシュ日焼け止め

パッと見、工程が多くて面倒に見えますが、実際やってみるとあっという間ですよ!ながら作業でもできるので、是非試してみてください。

新しいオススメ商品を見つけたら随時更新していきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました